タロット&ピアノコンサート
受付終了
Reception closed
タロット&ピアノコンサート

: 代々木上原MUSICASA

: 2022/06/11 (土)

: 19:00 ~ 21:00

: 18:30

: セルジョ・バイエッタ、藤井泰子、谷崎テトラ

125naroom
125naroom
125naroom

販売情報
Sales information

: 2022/04/26 (火) 00:00 ~ 2022/06/11 (土) 17:59

: 7,500円

****************
欧州で大人気の公演、日本初上陸!

イタリアが生んだ天才ピアニスト、
セルジョ・バイエッタによる夢のコンサートが日本初開催決定!

イタリア人天才ピアニスト
セルジョ・バイエッタが贈る

タロット&ピアノコンサート
 "IL SUONO DEI TAROCCHI"
   ~タロットの調べ~
****************


イタリアよりピアニスト、セルジョ・バイエッタ氏をお招きし、


アジア初となる
ピアノ×タロロジーコンサート

を開催させていただきます。


セルジョ・バイエッタ氏は、幼少時から天才と謳われ、
数多くの国際コンクールで優勝経験を持つピアニストです。


ヨーロッパを中心にオーケストラ、室内楽、コンチェルトと、
幅広く活動を展開し、


2017年には、東京フィルハーモニー交響楽団に
ゲストとして招聘され、主演を果たしました。


繊細ながらも、優美で上品な演奏表現は、
数多くの日本のクラシックファンを虜にしました。





彼の演奏を聴いた人の中には、


たった一音だけで観客の心をつかんで離さなかった、
稀代の天才ピアニスト


と表現した人もいます。



また、クラシックコンサートの枠にとどまらず、

イタリア国内では、卓越した演奏技術をベースとしながらも
エンターテインメント性を打ち出した独自のショーを展開し、


2018年には、NYブルーノートにて単独公演を開催しました。



そんな国際的なピアニストが情熱を注いできたもう1つの芸術が、

タロットカードリーディングです。


タロットは単なる占いや、未来を予測するものではありません。

人の意識を進化させるためのツール

の1つであり、


500年以上にわたってヨーロッパで継承されてきました。


その中でも世界最古のタロットは、
1445年の北イタリアのものとされています(Wikipediaより抜粋)。


500年にわたるその叡智は
タロロジー(Tarology)

と呼ばれ、学術的研究も数多くされています。


タロットに選ばれるかのように北イタリアに生まれ育ち、
今もヴェローナに暮らすセルジョ・バイエッタ。


人生の二大情熱をピアノとタロロジーにかけてきた


と自ら唱う、稀代のアーティストです。



ある日、セルジョはタロットカードを読み解いていくうちに


そこに隠されたエネルギーを音楽として構成できる
ということに気づきました。


そうして、各タロットに合った音楽を作曲、構成していったのです。


ここで、セルジョ・バイエッタ氏からのメッセージをご紹介します。

==========

「吊るされた男」はタロットカードの中でも有名なデザインでしょう。代表的な解釈は「別の角度から俯瞰しよう」「つらいけど、幸福」など図象方イメージが浮かぶでしょう。

私はこの世界観を音楽で皆様に提供します。
「ベートーベンのエリーゼのために」をすべて逆から弾きます。
「美しい!」と皆様が驚きます。

新しい角度からの視点を楽しむ旅を、私の音楽でガイドします。

タロットカードは占いではありません。
潜在意識の言語化のために、イタリアでは多くの学者や弁護士なども活用しています。

タロットカードの絵画的言語を、音楽的言語でさらに深く読み、
自分自身と対話するコンサートです。

私とともに旅をしましょう。
人生の可能性をさらに広げる旅を。

大好きな日本の皆様とお会いできることを楽しみにしています!
==========


タロットの本来の目的は、

人の深層心理にアクセスし、魂の声を聴くもの

なのだそうです。


ここまでお読みになった方は既にお気づきかと思いますが、
このコンサートは、単なるピアノコンサートではありません。


あなたの魂の声にアクセスし、
あなた本来の生き方に気づくことができるように、


タロロジーとピアノを組み合わせたのです。


これはアジアで初めてとなる、
ピアノ×タロロジーコンサートです。


また今回、このコンサートには2人のスペシャルゲストが
出演していただくことが決まりました。


おひとり目は、イタリアで大人気の日本人オペラ歌手、藤井泰子氏。

イタリアで、レギュラー11年目を迎える高視聴率番組「Avanti un altro!」に出演する、人気歌手です。


そしてお二人目は、作家・放送作家・小説家、メディア&音楽プロデューサー・DJの谷崎テトラ氏。


3人のコラボレーションによる夢のアートの共演の夜。

どうぞ東京の代々木上原まで足をお運びください。
皆様とお会いできることを楽しみにしております。

============
【出演者プロフィール】

▼セルジョ・バイエッタ(Sergio Bietta)

セルジョ バイエッタ

北イタリアのヴェローナ出身のピアニスト、指揮者、作曲家。バロックからロマン派のクラッシックは勿論、ジャズや映画音楽など広いレパートリーをこなす奇才さは各方面より厚い信頼を得ている。

アレーナ・ディ・ヴェローナ管弦楽団、テアトロ・オリンピコ管弦楽団、キオッジャ市立管弦楽団とソリストとして共演。器楽や声楽の伴奏者としても活躍しクラリネット奏者リチャード・ストルツマンとの好演は記憶に新しい。

マイケルジャクソンやクイーンをリスト風に弾いたりサウンドトラックとクラシックの名曲を独自の編曲で融合するなど、その独創性が評価され、NHK"クラシックTV"でも紹介される。ジャズの殿堂「ブルーノーツ」(NY)で演奏した数少ないイタリア人ピアニストのひとりでもある。また、イル・ヴォーロ主演の映画やテレビ番組にも出演している。

日本へは東京フィルハーモニー交響楽団(東フィル)による「ラフマニノフの協奏曲第二番」ピアノソリストとして初共演以来、来日は十回を超えてサントリーホールやイタリア文化会館ほか各地で定期的に演奏している。

北京交通大学にて「ベートーヴェンピアノ協奏曲第三番」で指揮者として中国デビュー。中国政府の依頼により「共産主義70周年記念」セレモニーのため国歌を特別に編曲、演奏し好評を博した。その後サッカーの楽天カップにて名チームFCバルセロナに呼ばれて演奏している。

タロット・カードのシンボル体系や歴史にも深い専門知識を持ち、映画監督A.ホドロフスキー、作家イーゴル・シバルディ、不老不死学の権威G.アッバーテなどとの長年の親交からの影響は少なくはない。

イタリアでスタートさせたばかりの「タロットの響き(タロットの調べ)」と題したピアノコンサートでは、タロットカードの寓意画ごとに当てはまるセラピーミュージックを自作して演奏、反響を呼んでいる。



▼藤井泰子(Yasuko Fujii)
広島県出身ローマ在住。幼少よりピアノ・フルートを学び、声楽を田原祥一郎に師事。慶応義塾大学卒業後、日本オペラ振興会を経てイタリア政府給費生としてボローニャ元王立音楽院に留学する。

サルッツォ国際コンクールに優勝、ガラーツィ市立劇場「蝶々夫人」デビュー以来数々のオペラや交響楽を国際舞台で主演してきた。

RAIなどイタリア主要TV局における演唱のほかドラマや国民的映画
にも歌う女優として出演。今年でレギュラー11年目を迎える高視聴率番組 Avanti un altro! 出演の様子はテレビ東京「世界なぜそこに日本人」でも紹介された。

ニーノ・ロータ賞、ナポリの声セルジョ・ブルーニ賞、欧州経済文化関係アカデミー音楽功労賞。

昨年は「世界ふしぎ発見」のミステリーハンターに初挑戦、日伊協会オンラインセミナー「イタリアらしさを学ぼう」を開講中。



▼谷崎 テトラ(Tetora Tanizaki)
1964年、静岡生まれ。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ、WEB番組、出版、イベントの企画・構成をつうじて、新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会の転換(ワールドシフト)の 発信者&キュレーターとして活動中。世界のエコビレッジやコミュニテイラーニングに関して深い知見を持つ。国連 地球サミット(RIO+20)など国際会議のNGO参加・社会提言、環境省「つなげよう森里川海」映像制作など、社会提言のメディア発信、企業・市民セクターとの連携などを数多くてがける。

主な番組企画・構成はテレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」やフジテレビ「東京環境会議・ネオコラ」、NHK WORLD「SATOYAMA CAFE(里山資本主義カフェ)」、InterFM「アースラジオ」TOKYO FM「デイリープラネット」など多数。ソーシャル系メディア「ソトコト」「オルタナ」「アースジャーナル」「Greenz」や週刊「SPA」など執筆多数。

これまでの自身の知見をまとめたテトラゼミも東京・大阪・名古屋・栃木・徳島・鳥取などで連続開催中。大学講師として京都造形芸術大学で講義のほか、愛知県立芸術大学、横浜国立大学都市文化ラボなどでも特別講義やワークショップをおこなっている。社会課題をテーマにした映画を上映解説するソーシャルシネマダイアログを各地で開催している。

音楽制作としては作曲・プロデユースを手がけた映画音楽、舞台音楽、CF、TV番組主題歌など多数。さまざまなユニットでLIVEやDJもおこなう。

自ら世界の聖地をめぐりフィールドレコーディングした自然音や、環境音を使った環境・アンビエント音楽。地球を感じる作品をつくりつづけている。




<お申込みについて>
本サイトよりお申込み


<お問い合わせについて>
株式会社ユーメディアクリエーション
営業時間:平日10時~20時
(原則、2営業日以内に順次回答いたします)

※お問い合わせについてのお願い
多くの方からのお申込みが予測されます。
お問い合わせの際には、必ずお申込時のお名前とメールアドレスをご記載ください。


<ご注意>

1.お申込時及び、ご決済完了時に、自動でメールが届きます。

2.ご決済完了後のメールに、視聴用URLが記載されておりますので、必ずご確認ください。

3.なお、PCからのメールの受信設定を拒否にしている場合、

info@ticketpay.jp
および
event@umediacreation.com

からのメールを許可していただくよう、お願い申し上げます。

受付終了
Reception closed

お問合せ先
Contact

: 株式会社ユーメディアクリエーション

: event@umediacreation.com

: 10:00 ~ 20:00

入力内容に誤りがあります。